株式会社ビィ・ソニックは、日本の歯科医療に、優れた商品を提供し続け35年。
会社概要
お問い合わせ

手足口病の原因菌エンテロウイルスにはオゾン水で殺ウイルス効果があります

手足口病の流行は近年で最多ペース お子様のおられるご家庭は最大の注意を!

子どもの口や手足に発疹(ほっしん)を起こす「手足口病」の発生報告数が、データがある過去11年で最も多くなっていることが1日、国立感染症研究所の定点調査で分かった。ほとんどは軽症で済むが、まれに重い合併症を起こすことがあり、安井良則主任研究官は「今後の発生動向に注意が必要」としている。

 手足口病は、乳幼児を中心に夏に流行するウイルス性感染症で、水疱(すいほう)性の発疹が主症状。多くは自然に回復するが、まれに髄膜炎や心筋炎などを起こし命にかかわることがある。複数の原因ウイルスのうち、エンテロウイルス71(EV71)が原因の場合は髄膜炎の発症率が高いことが知られている。

  感染研によると、5月17日から23日の1週間に約3000カ所の定点医療機関から報告された患者数は、1カ所あたり1.41人。大きな流行のあった2000年の同時期を上回り、同年以降で最多となっている。

なにが原因? 日本医師会ホームページより

手足口病は、いくつかのウイルスが原因で起きます。最も一般的なのはコクサッキーウイルスA16ですが、この他のエンテロウイルス71なども原因となります。いずれのウイルスでも現れる症状は同じです。

治療は? 日本医師会ホームページより

手足口病には、有効なワクチンがありません。従って
・手洗いの励行(これは特におしめ等を交換した時重要です)
・汚れた衣服は洗濯する
といった一般的な注意が必要です。

つまり、手洗い・顔洗い・うがいの基本で防げるという事です

ここに、平成10年に行ったオゾン水による各種ウイルス・菌の殺菌検査(財団法人 日本食品分析センター)があります。

更に加えて エンテロウイルスはオゾン水15秒以上で除菌可能です。 検証:池田回生病院皮膚科 という検証結果が出ております。